洛南保育園の案内

宗教法人日本基督教団  洛南教会
社会福祉法人京都地の塩会
洛南保育園
〒601-8017
京都府京都市南区東九条
北烏丸町20
TEL:075-691-6898
FAX:075-682-3588

 

園のご紹介

保育園の概要

 

園 名 社会福祉法人 京都地の塩会 洛南保育園
住 所 〒601-8017 京都市南区東九条北烏丸町20番地
電 話 075-691-6898 
ファックス 075-682-3588 
設 立

 1949年1月27日(京都市認可承認日)

2013年4月1日(社会福祉法人として京都市より認可)

定 員  90名
クラス

 0才児(ちゅうりっぷ)、1才児(たんぽぽ)、2才児(こすもす)、3才児(すみれ)

 4才児(すずらん)、5才児(ゆり) 

保育時間  7:15-19:15、 (土曜日)7:15-18:15
給 食 完全給食(アレルギー除去食、宗教上の除去食も実施) 
子育て支援事業

 一時保育事業、障がい児保育事業、子育てサークル事業、保健保育事業(看護士が勤務しています)

ホームページ  http://www.rakunan.or.jp

 

洛南保育園 保育課程

 はじめに

 洛南保育園は、宗教法人日本基督教団洛南教会の公益事業として1949年1月に京都市の認可を受けた保育園です。開設当初、東九条一帯には、日本人と同様に戦前朝鮮半島から日本に来て、故国に帰らず日本に定住した在日韓国・朝鮮人の子どもたちも多く生活していました。その子どもたちが幼児園に通い、共に育ってきました。この歴史的背景を大切にして、子育て支援をしていくことを願っています。

 また、現在東九条地域には多国籍の住民が定住しています。日本国籍の子どもたち、様々な国籍を背景にした子どもたちが、安心して成長できる環境をつくり、子育てをしてきたいと願い、以下のような保育過程における方針、目標をめざしています。

 2013年度より、社会福祉法人 京都地の塩会 洛南保育園として新たな歩みを始めています。

 

洛南保育園の保育に取り組む基本

 1.キリスト教の持つ精神を基本として、洛南保育園の保育を実施する。そして、地域に仕え、人に仕えることを通して、子育て支援を実施していく。

 

 2.洛南保育園は、キリストの愛を保育の中心に据える。そして子どもたちの持つ「個」の成長が健全に保たれる保育を実践し、保護者とともに助け合い保育を実施する。

 

 3.子育て支援に伴う養育・教育・保健とが一体となった保育過程をもって、保育を実施していく。

 

洛南保育園の保育に取り組む基本

  1.遊ぶこと、食べること、寝ること、愛されること

   遊ぶこと、食べること、寝ることは、子どもが成長する上で、生活の基本です。生活の基本が確立されることが、子どもの心身の成長を促し、個として自立性を促すと考えます。保育に関わる者は、その子どもが健康に成長することを支援していく立場にあって、子ども自身が自ら”愛されている”ことを意識できるような絆を大切にしています。

 

 2.思いやりのある優しい子ども

   子どもたちの世界は「親と子」という関係から始まり、さらには「家族と子」という関係、「友と友」という関係へと成長し、最終的には「子と社会」を目指します。保育は、子どもの成長を促す人間社会のすべての関係を作る基本的な生活の場所です。人として、精神的な成長にとって大切にすべき点は「他者を思いやる心」です。

 

 3.安心して自分を表現できる子ども

   安心して自らを表現することができる子どもは、自らの自立性と自主性を豊かに確立していきます。それにより、子どもたちは他者に配慮し、他者を大切にすることを学ぶことができます。子どもの自由と尊厳を大事にし、活かす保育を実践していきます。

   

洛南保育園 保育方針

 

 1.

 

子どもたちとの関わりを通して、

情緒の安定を計り、素直に自己表現ができる

ように、子どもの成長を促す保育をする。


 

 

 

 

 2.

 

園生活を通して、生きていくために必要な

力を獲得できるように、日々の生活とあそびを

大切にした保育を実践する。

 

 

 

 

 

 3.

 

子は、健康な身体であるために基本的な生活習慣

を身につける。そのために保育に関わるものは、

子を支援し、援助者としての務めをはたしていく。

 

 

 

 4.

 

 

保育に関わるものは、子ひとりひとりの個性を

大切にし、個の成長を促し、自立が促進できる

ように丁寧に、且つ優しく関わっていく。

 

 

 

 

 

 5.

 

子どもたちを中心とした生活環境を作るために、

人間関係を大切にし、よりよい環境作りを心がけ

る。

 

 

 

 洛南保育園の沿革

 

1946年10月17日

洛南教会設立

西九条の民家を借りて、1931年から集会をし、初代牧師に田村喜代治が就任し、

協会設立式を挙行

1948年10月17日

現在地に洛南教会を建設

同時に、無認可の保育園を開設

1948年12月28日 京都府より認可保育園としてスタート、定員48名
1949年1月28日 京都市より保育園として認可。定員48名
1950年2月10日

定員変更70名、以後90名、60名、45名と定員を変更し

定員45名に変更と同時に乳児保育(0才より)を開始(2002年)

2009年4月1日 定員50名に変更する
2013年4月1日

社会福祉法人 京都地の塩会に加入、京都市より認可を受ける

「洛南保育園」と名称を変更

2017年4月1日 新園舎に移り、定員を90名に変更する

 

 

 歴代園長

 

初代園長 田村 喜代治(1948年~1950年)
2代園長 大橋 寛政(1950年~1952年)
 3代園長 月原 節郎(1953年~1955年)
 4代園長 尾崎 憲治(1955年~1960年)
5代園長 高杉 三四子(1961年~1982年)
 6代園長 新井 克己(1982年~2002年) 
7代園長 萱場 恵(2003年~2005年)
 8代園長 井上 勇一(2006年~現在に至る)